ヤマハドラム50周年記念コンサート

ご機嫌如何でしょうか。
つじです。

去る9月2日。
原宿クエストホールで行われた、ヤマハドラム50周年記念コンサート「Yamaha Drums 50th Anniversary Drum Session」に行ってきました!
関係ないけど、原宿って中学生以来に訪れました。あれ?あったかなぁ。

会場に入ると50周年記念のセットが鎮座されてます。
かっちょいいー!!
詳細はこちら!
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/drums/drumsets/50th_anniversary_kit/?mode=series#tab=feature

さて、今回のイベントは4人のドラマーがステージ中央で演奏を行う、ドラマーにとっては堪らないイベント。
川口千里さん、神保彰さん、デイブ・ウェックルさん、スティーブ・ガッドさん。
うひゃ。。。すごいメンバーだぁ。。。


(神保さんのセット。間近で見たのは初めて。)


(ガッドのセット。この後、あのガッドサウンドが・・。)

まずは、川口千里さんのパフォーマンスステージ。
繰り出されるパワー感満点のドラムサウンドはもはや代名詞!
迷いなきプレイで会場は一気に興奮度MAX!
MCも千里ワールド全開で掴みはオッケー。

続いては神保彰さん。
ワンマンオーケストラのパフォーマンスは唯一無二!
ヤマハのアコースティックサウンドとエレクトリックサウンドの融合。
そしてそれを音楽的にコントロールするプレイはまさに名人芸!

続いてはデイブ・ウェックルさん。(なんか、さん付け変な感じだけどまぁ、、いいか。)
ドラムソロからスタートし、そのテクニックはもはや訳が分からない状態!
18インチのバスドラの使用していましたが、同じ18インチを使う私としては、セッティング含めて、非常に参考になりました。(参考になっただけで、あんな凄い事は出来ない笑)
後ろから見ていましたが、無駄のないスティックワークにタッチの美しさ。
世界トップクラスは、基礎レベルが違う!お口あんぐり状態でした。

そして、スティーブ・ガッドさんの登場!
登場しただけで、会場は熱気ムンムン!
そんな中で、静かにブラシプレイからスタート。一気に緊張感が。
すると、叩きながらおもむろにマイクを自分に寄せ、歌い始める。
それに合わせながらのプレイ。今まで盛り上がりまくった会場の空気が、一気にガッドワールドに。
ガッド印のフレーズが出る度に、会場からは溜息にも似た完成が。
サウンドもまさにガッド!

最後は4人合同演奏!
それぞれの個性が爆発し、フィナーレ。
ヤマハドラムの魅力を存分に発揮した4人のドラマーに、スタンディングオベーションで称えたのであった!

自分がこうしてヤマハドラム50周年を祝う場にいた事。本当に嬉しい。
どんなに言葉を並べても、あの感動を伝えられない・・。
100周年イベントを見に行くまで現役で頑張ろうっと心に誓ったのだった。
これでいいのだ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事