10年振りに!ヤマハ新フットペダルFP9シリーズ登場!

ついに・・・。ついに・・・!ヤマハの新フットペダルがNAMM2019で発表されたそうです。
これはヤマハユーザーとしては大ニュースです!!
ちなみに私は現行シリーズの「DFP9500D」と「DFP8500C」を使っております。ダイレクトとダブルチェーンです。
そういえば、いつリリーズされてたっけ・・。っとホームページを確認したところ。「2009年3月発売」となっていました。
つまりー!10年の時を経て、新型の発表という訳なのです!これは興奮するーーー!!

新モデルは何が変わったのか?!

今回は私が気になった新機能を書いていきます。詳しくはヤマハ(アメリカ)のサイトをご覧ください。
(英語なので翻訳に自信がない&画像とか載せていいものなのか不安だったので・・・汗)
こちらです↓
ヤマハドラム(アメリカ)

外見が変わった!

いきなりそれかい!っとツッコミが入りそうですが、かなり未来的なデザインになっています。公式動画をみるとバイクが並んでいるので、バイクっぽいデザインでしょうか?


出典:ヤマハドラム(アメリカ)

重量調整可能なビーター

そもそもビーターの形状も大幅に変わっており、どんなサウンドになるか気になります。
が!それ以上に気になるのが「重量調整」これは・・・一体どういう事なのだ?
どうやらビーターに重りを装着することが可能になり、踏み心地・音に影響が出るとのこと。
これはゴルフにもありますよね。ドライバーに重量調整機能が付いていて、それによって球筋をコントロールする的な。
そう、テーラーメイドのM5的な(いいって。)

全方位ユニバーサルジョイント!

個人的には一番気になっている機能!!従来のヤマハのユニバーサルジョイントよりもスムーズにスレイブ側の操作が可能になりそう!
やはりツインペダルを使うとなると、このスレイブ側とのジョイント部分がいかにスムーズか。ここが操作性に非常に影響を与えると思います。

続報が気になる!!

っと、いう事で今回は私が気になった部分だけをピックアップしましたが、正直まだまだ気になる機能だらけです。
機能も大事だけど実際に踏んでみて、その踏み心地はどうなの?新しいビーターはどんな音になるの?
まだまだ気になることだらけです・・・。やっぱりペダルは踏んでみなければ分からない。日本リリースはいつになるのか。
もう気になって仕方がない!!踏める機会ないかなぁ・・・笑

ダイレクトとチェーン。どっちを導入する?!

どっちを導入するか問題がありますが、今回は迷わずにダイレクトを導入しようと思います。
基本的にはダブルチェーンを使っているのですが、よりスムーズなペダルアクションを今回は狙いたいのでダイレクト。
っと、言ってもそのうちダブルチェーンもなんだかんだいって導入する様な気もしますが・・・笑

最後に気になるフットボードの長さ。

ここで終わるつもりだったのですが、書いていて思い出しました。
現行のDFP9500とDFP8500ですが、9500はショートボード。8500はロングボードなんですよね。
個人的にはロングボードが好きなのですが、FP9シリーズはどうなんだろうか・・・?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事