菅沼孝三&川口千里ツインドラムでのライブ!鳴瀬喜博 “宴暦・末広がり”

ご機嫌いかがでしょうか。
つじです。

11月12日(土)
鳴瀬喜博 “宴暦・末広がり”八乃弐 ~2+2リズム大喜利~鳴瀬喜博(Ba)、村田隆行(Ba)、菅沼孝三(Drs)、川口千里(Drs) 、白井アキト(Key)
目黒 Blues Alley Japan

見てきましたー!
【ナルチョ】の愛称で親しまれている、鳴瀬さんのライブでございます。
鳴瀬さんの生演奏を見るのは本当に久しぶりです。前回いつ見たか記憶がハッキリしていない位、かなり前だったと思います。
しかし、変わらない【プレイ・音量・MCの面白さ!】感動しました♪

今回はツインベースにツインドラムという事で、とにかく音の厚みというか迫力が凄まじかった!!
ちゃんと撮れていませんが、しっかりツインドラムです。
しかも今回は孝三さん、千里さん。共にレコカスです!
※レコカス=レコーディングカスタム

本番中の写真撮影はNGだったので、終演後に何枚か。
孝三さんの2バス仕様のレコカス。BDは20インチです。

こちらは川口千里レコカス。

ちょっと中に入って何枚か撮らせて頂きました。
遊びじゃないですよ!?ちゃんと、ドラム道場千葉校のプロモーション用という名目です。

これ、中に入って気がついたのですが・・・。
衝撃というか・・・。えっ!!?ウソ!??っという感じでした。
何か分かりますか?

小口径タムが!!!
えっ?なに?それがどうしたの?って話かも知れませんが、個人的には衝撃です。
これ、ヒットさせるの凄い難しいはず・・・。

孝三さんのご好意で、あたかも自分のセットかの様に・・・。
孝三さんのセットはタムとスネアの高低差が結構広めです。
ほぼ水平にセットされたタムは美しい・・・。

バスドラのフロントヘッドもカッコイイ!!

最後に。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事