ズバババ!Golfに愛を込めて!そう、人生はパターなのだ!

ご機嫌いかがでしょうか。
つじです。

なんだか掴みどころの無いタイトルになってしまいましたが・・・w
先月ズバババ!Golfの撮影をして1ヶ月が経ち・・・。本当に最高な時間になった。そうプレミアムな時間。(ビールのCM風に)
今でも思い出したりします。あー、またゴルフショップ「イシイ」に行きたいなと。朝から晩までアプローチ練習したいなーなんて思う訳です。

ズバババGolfに私のプロフィール!

まずはこちらをご覧くださいなのであーる!(日本語の崩壊にNO!)
ズバババ!Golf
見ましたか?見ましたかー!?そう。私のプロフィールがパンパカパーン!っと載っているではありませんか!
思い返せば2009年。楽器フェアか何かでたまたま手に取った教則本を読んでいたら、隣にいたのが著者。トントン拍子にその方のお誘いで北京でライブをする事に。
そんなドラマみたいな事が本当に起きるのです。
「プロフィールに書く事が増えるのはイイ事だよ。」
私の人生には時々、ドラマティックな出会いがあります。ズバババ!Golfとの出会いも、まさに私のプロフィールになったのです。

そう、人生はパターなのだ!

先のリンクにパターの記事がトップにあります。ブログでは大きい声で言えないので、書きますが。私がライティングしたのであーる。(日本語の崩壊にNO!)
ゴルフを始める前までは・・・。
「テレビ中継で見るけどさ、パターって簡単じゃね?wwwwww」
なんて思っていた私を往復ビンタしてやりたいです。
ラウンドしたら分かりますが、まーー、パター入らないっすよ。マジで。(あ・・・ワシがとことん下手くその可能性も・・・。)
パターの記事にもありますが、パターフィッティングもしたかったなぁ・・・。

先日のZOZO Championshipでもタイガーがポンポンとパターを決め、松山英樹さまもパターを決める。もう痺れるの一言。
あの手に汗握る瞬間はなんとも言えない高揚感。

例え300ヤードのビッグドライブをしたとしても、数センチのパットは同じ1打。
とんでもないロングパットが入ったと思えば、数十センチのパットが外れる。
やってみないと結果は分からないもの。
入ると思ったパットを外しても腐らない事。18ホールという人生を腐って過ごす事はないのであーる!
もしかしたら、最後の最後まで外し続けるかもしれない。果敢にパットに挑んでいれば、きっと前向きになれるかもしれないし、落ち込むかもしれない。

私は一人でゴルフを楽しんでいるので、ラウンドしようと思うと一人でショートコースに行きます。
今はショートコースでパープレイを目標にしていますが、やはりそれでもパターがまったく入らない事が多いです。
「ぶらぁぁぁーーー!!べらぼうめ!!」
なんて思いますが、思い返してみれば、1打目・2打目と精魂込めて打ったのであろうか・・・。今起きた結果だけに目を向けても仕方ないじゃないか。

ここはドラマーとしての自分とも重ね合わせたりします。
フレーズは出す前が大事なのです。
出した音(打った打球)は全て、その前にどれだけ準備(練習・経験)をしてきたか。結果にどこまで責任を持つ(受け入れる)事が出来るのか。

パターというゴルフを締める時、そんなドラマー人生とを重ねてみたりするのだ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事