菅沼孝三ドラム道場千葉校のレッスンにまつわる苦い話。

ご機嫌いかがでしょうか。
つじです。

本日は菅沼孝三ドラム道場千葉校のレッスン日でした。
思えば2009年に開校し10年を迎えた訳です。これまで千葉校に来てくれた全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。

っが。そういえば一体何回レッスンをやっているのだろうか。ざっくり計算をしてみると・・・。
375回レッスンをやっている計算になります。

....。多いのか少ないのか・・・。微妙にリアクションに困るなぁ・・・。

やっぱり10年。そう。これだよこれ。なんだかこっちの方が。
「おおー。随分とやったじゃぁねぇか。」
っというリアクションになる様な気がする。そうしよう。

レッスンをしてきて当然休んだ事は・・・1回あるな・・。(ちゃんと言えば祖父の不幸があり孝三校長が代理をした時がありましたが。)
忘れもしない・・・えーーーっと・・・。何年前かな・・・(忘れてるじゃねーか)
2〜3年前だったかな。

レッスン前日から凄まじく体調が悪く、当日の朝を迎えてもとにかく体調が悪い。
朝一で近所の病院に行ってみる。
医者「うーーん。胃腸炎ですね。」
私「あの、、ドラムレッスンの仕事があるんですが、行っても大丈夫ですか?」
医者「行けるなら行ってみなさい。多分無理だから。」

その時、私は医者に背中を押された様な気になり(崖から背中を押されたの間違い)車に乗り込んで、レッスン会場へ向かいました。
が!やはり体調はどんどん悪くなるばかり。
最寄駅から1つ隣の駅に行くだけで精一杯。あと1時間は運転しないといけない距離。

マズイぞ・・・。これはやはり休校しないとダメだ・・・。

そう思って、師匠の菅沼孝三さんに電話をした。
私「孝三さん・・すいません、、非常に体調が悪く、胃腸炎の様で休校しても大丈夫ですか?」
孝三さん「え?いやいや休みなよ・・・。」

弟子の体を心配してくれる師匠の熱い言葉に流れる涙を堪える事は出来ませんでした。(大げさ)

自宅へ戻り横になりながら、ホームページで休校のアナウンスをしたり生徒へメールをしたり。おぼろげな記憶ですが、よく出来たなー。
こういう時、一人で運営する辛さを感じました。

まぁ・・・。何が言いたいかというと。
そんなドラム道場千葉校では無料体験レッスン開催中ですので、ぜひ遊びにきてください!って事です。(宣伝かよ)

菅沼孝三ドラム道場千葉校ホームページ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事