MyBestって何回も書くと恥ずかしい。

ご機嫌いかがでしょうか。
つじです。

今や携帯音楽プレーヤーはビックリするほどに軽くなって、何万曲と保存することができます。
私はAmazon Musicなるサービスも使っているのですが何と曲によっては歌詞まで表示されるのです。
いやぁ、凄い進歩ですね。ワイヤレスイヤフォンにスマホやウォークマンを接続して音楽を聴く。
技術の進歩を感じずにはいられないものです。

カセットテープからスタート。

ちょっとませていた小学生でして、はじめての携帯音楽プレーヤーはカセットでした。
当時はカセットかCDが選択肢でしたが、自分の好きな曲だけをチョイスして・・いわゆるMyBestですね。これをやりたかったのです。
そうなると必然的にカセットになります。私には5歳年上の兄がいるのですが。
「和也。いいか。あんまり長い時間録音出来るテープよりも60分テープくらいの方が音が良いんだぞ。」
「和也。いいか。テープはハイポジかメタル。ノーマルは音楽には向かないぞ。ラジオを録音するならノーマルでも良いぞ。」

いやぁ・・懐かしい。こんな事を兄から教わりました。
A面B面があるので、片面30分録音が出来る訳です。なのでMyBestを作るにはしっかり時間の計算も必要になります。
「うーん。この曲とこの曲。こうして流れを作って・・ここでバラードを入れてみようかな。あっ。そうすると時間が足りない。」
思えばライブのセットリストを作る原点はここだったと思いますね。

当時好きだった声優さんで「椎名へきる」さんがいます。
彼女のラジオ番組を大量のテープを使って録音したなぁ・・・これも本当に懐かしい。

免許取って母親の車をしばらく乗っていたのですが、カーステレオはカセットでした。
初めて自分でドライブする時。前の晩にMyBest作ったなぁ。確かT-SQUAREの「MAN ON THE MOON」を1曲目にしたっけ。
今でもこの曲を聴くと当時の甘酸っぱい思い出が蘇ってくる。いや、甘酸っぱいというよりは赤面の思い出というか。

MD時代到来。

その後、カセットからMDへと移ります。高校生の頃かな。
MDの登場は凄かったですねー!音がカセットとは大違い!こんなに違うものかって驚愕した事を今でも覚えています。
しかもテープは巻き戻ししようとすると。
「ウィーーーー・・・ガチャガチャガチャ・・・・ウィーーーーー・・・。」
っという何とも味わいのある駆動音がします。まぁあれがテープの醍醐味だとは思いますけどね。
そこへいくとMDは違うのよ。ピッ!ってボタンを押せば直ぐに次の曲へスマートに移動する訳ですよ。
しかもカセットと違って何ともコンパクト。ちょっと遠出しようなんて思うとカセットはまぁ、それはそれはかさ張るのですよ。
これもMyBest作ってたなぁ・・・。
高校から短大時代はMDが手放せなかった。
とは言うものの。まだ吹奏楽部の資料音源はカセットがほとんどでしたし、バンドでリハする時の録音はテープがほとんどでした。

iPodの衝撃

その後就職して一人暮らしをしていたのですが、これといってやる事もなく。近所のパチンコ屋に通っていました。
そこで思いがけないと言いますか、結構当たりが続いて財布が温まったのです。
外を出るとまだ夕方。無駄にこの勝利金を使うのもな・・・なんて考えながら、ふと電気屋に入るとiPodがパンパカパーン!っとディスプレイされていました。
私が見たのは第四世代と呼ばれるモデルで容量は20Gと40Gだったかな。。20Gでも4万近くしました。今では考えられないですよね。
しかしその時は財布の心持ちも良かったので勢いで買いました。
これが今に続くアップル信者になってしまった私のスタートです・・笑
MDでは考えれない程に曲が入れられる訳ですよ。これには衝撃を受けました。
その後もiPodを愛用していました。ビデオが見られるのも買いましたね、あの小さい画面の中でも動画が見られる。衝撃でしたね。

そして今に至る

カセットからMD、iPodと色々使ってきましたが、どれも思い出がいっぱいですね。
今はウォークマンとiPhoneの2台を併用して使っていますが、これもあと10年もしたら・・・。
「あーー!あったあった!懐かしい!SDカードとかに保存して曲聴いてたよねー!」
なーんて、そんな事を言う日が来るのでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事