ついに念願の!鹿又さんのフィッティングを受けてきた!の巻

ご機嫌いかがでしょうか。
つじです。

ここ最近は真面目にドラマーらしいブログ記事・ツイートを心掛けておりましたよ。
だってドラマーだからね(強調してみた。)
でもね♪あの人♪(ふと思い出した長山洋子さん)あの人じゃなくて、ワタシ。
ゴルフをキッカケにドラマーとしてどうありたいかが見えてきたのですよ。
ティーチングプロドラマーという存在になりたいなっと。講師じゃないの?え?何が違うの?
まぁ。。この辺の話は長くなりそうなので割礼・・・いやいや割愛。

さて。各メディアで大活躍のクラブコーディネーター鹿又芳典さんのフィッティングを受けてきましたぞ!(展開が急だな。。)

なぜフィッティングを受けようと思った?

ドラムもそうですが、合う合わないって確実に存在すると思います。
ドラムの場合で考えると。
自分に合うもの=意図したもの
自分に合わない=意図していないもの
こういう考え方も出来ると思います。

例えばスネア(小太鼓)を買いたい人に相談されるのですが。
「初心者だから安い楽器が良いのですか?」
っと聞かれますが、初心者だから安いものがベストチョイスかと言われると、そうではありません。
逆にある程度叩ける中上級者が、あえて値段が安いスネアをチョイスする事もあります。

先に書いた様に「(意図に)合う・合わない」という事です。
中上級者になると、どんなスネアの音を出したいかが明確になってきて、その要件に近いスネアを選ぶ事になります。
なので、初心者だから安いもの。っという図式は(私の中では)成立しません。
初心者の方も出したいスネアの音はあります。その出したい音からスネアを選べば良いと思います。
自分なりに考えて欲しいですが、経験・知識・相手の動向を見る人に相談した方が自分の見地が広がります。
そうして自分が出したい音を考えていけば良いと思います。

ゴルフも同じなのでは?っと考えました。
自分のスイング傾向と自分が使っているクラブは果たして進みたい方向性が合っているのか。
右に進みたいのにクラブは左に進みたいのでは、ちぐはぐなのでは?

っというマジメな事をダラダラと書きましたが、鹿又さんに会いたい!!が、80%の理由です・・・w

フィッティングの結果は・・・。

去年の1月からゴルフの練習を真剣に始め、コースデビューを飾った2018年。2018年で一番見たテレビ番組は「ギア猿」でしょう!
何回も繰り返して見てましたが、もうね、鹿又さんの大ファンになってしまったのですよ、ワタクシ・・・。
松山英樹選手・ローリー・マキロイ選手・藤田寛之選手・今平周吾選手・鹿又芳典さん。ですよ、私の中で!
有料会員でないのが心苦しいですが、3upClubの動画もしょっちゅう見てる訳ですよ。

そんな鹿又さんが目の前にいるでないですか!そらね、力んだショットにもなりますよ。ええぇ・・。
今の自分の悩みとしてはドライバー。前回のラウンドではドライバーが調子よかったのですが、正直不安でいっぱいです。
右に行ってしまいそうだから、左を意識するとチーピンorもっと右に飛び出す。のです。

鹿又さんに私のスイング傾向を解析してもらいつつ、何本か渡されたクラブを振ってみます。
なんだか次第に核心に迫ってきている様な・・・?

最後に試したtensei ck pro orange。やぁ・・・もうね。。本当に振りやすいのなんのって。
以前、自分でシャフトレンタルした際にtenseiの70Xがしっくりくるかなっと思ったのですが、試させて頂いた60Sもめっちゃしっくり来る!
私のスイング傾向を、いつも見るあの柔和な笑顔で説明されましたが、もうね、頭にスーーッと入ってくるのですよ。
やはり何度も現場で対応してきた方の話は説得力が凄いです。
恐るべし鹿又さん・・・・。

多分70g台でも振れる事は振れるのですが1発の振り感ではなく、技術を研鑽していこうとすると60Sが今の自分にちょうど良い。
っという理解ですし、これがしっかり振れる様になってから、またスイング傾向を見て相談すれば良いと思いました。
っというか、本当にtensei。カッコいいし、全くのノーストレスで振れる感じです。

ただなー。。。一つ残念なのは、写真お願いすれば良かった・・・(そこかい!!)
ますます鹿又さんの大ファンになりました♪80切り達成したら、意味もなく会いにいこう!(迷惑じゃ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事