これからのライブはどうなるんだろうかと、思いを馳せる

ご機嫌いかがでしょうか。
辻です。

重そうなタイトルですが、私自身特に固まった考えじゃないので、気楽に読んで頂ければと思います。
私も気楽に書きますのでw

ライブという価値観が変わる?

さて。新型コロナウイルスにより、新たな生活様式なぞも提案されています。
我々ミュージシャンにとって、ライブというのはなんというか、その・・・
「くぅーーー!!やっぱコレだな!!」
っという感じです。(分からんよ)

想像してください。
炎天下の中、汗だくになって帰宅。クーラーで冷えた室内でビールをゴクリ。
「くぅーーー!!やっぱコレだな!!」
っという感じです。(下戸)

全てのミュージシャンにとは言いませんが、少なくともミュージシャンにとって「ライブ」という空間は、「何にも代え難い場所」なのかなっと思います。

「オンラインライブでも良いだろうし、動画でも良くね?」
っという声も聞きます。

まぁ・・・。それも一理あるか。なんて思ったりもします。
今までもオンラインライブ配信はありましたが、一気にその流れは加速するでしょう。

ただ・・・。僕はライブの「空気感」が好きなんですよね。
ステージに漂う緊張感、お客様から伝わる感情、楽器の振動。
これがミックスされてあの空間になるんだよなー。

いろんな考えを聞いて、自分なりに考えを持たないといけない。
時代の流れを考えて、オンラインや動画を中心にする事も当然考えとしてある。

ただ。自分にとって譲れない信念は。
「ライブは生で現場でやる」

これだけは忘れないで生きていきたいな。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事