【ドラマーがゴルフ90切りに挑戦】TENSEI CK Pro Orange60TXと70Xを試打!

ご機嫌いかがでしょうか。
つじです。

以前、タイトリストの試打会をした際にディアマナDFの60Xがベストマッチと言う結論になりました。

っが、TENSEI CK Pro Orangeの手応えが忘れらなくて・・・。忘れられなくて・・・。どうしてももう一度試したい。
ディアマナDF60Xと同じ60Xを試したい。いきなり買う訳にも。。そうだ!レンタルだ!っと言う事で、三菱ケミカルからレンタルしました!
もしかしたら量販店にあるかもしれませんが、どうしても室内試打が苦手・・・。なんかイメージ湧かないし、いつもの練習場の方がイメージ湧くしね。
ちなみに。データとか無いです。。ごめんなさい・・。ただの感想ですw

現在使用中のドライバー

純正SRのシャフトが装着されたSLDR Sを使っています。ロフトは11。
正直な事を言うと、結構このドライバー気に入っています。ハイロフト(に分類されるのかな?)と言うこともあり、球は高く出ます。
シュポーーーン!っという感じの打球音も気に入っており、深さ6インチくらいのウッド系のスネアみたいな。(ドラマーじゃないと分からないw)
飛距離も出てくれてますが、ちょっと振りに行くとシャフトがしなり過ぎる感じも。高さが出るのは良いのですが高すぎる感じもあります。
また、アイアンのシャフトも変えたので(重量級)全体の流れから考えると、ちょっと軽すぎるかな。っと。

レンタル内容はこんな感じ!

シャフトに対応するヘッドを持っていればシャフトだけレンタルすれば良いのですが、私が持っているのはSLDR Sのみ。なので、ヘッドもレンタル。
本当はM2の2017モデルが良かったのですが貸出中だったので初代M2を選択しました!でも、これも打ってみたかったんだよなー!

さて、問題のシャフト。まずは前回ベストと判断した、ディアマナDFの60Xをチョイス!

TENSEI CK Pro Orangeの60Xを一番試してみたかったのですが、あいにくレンタル中。ちょっと興味本位でこれをチョイス!
TENSEI CK Pro Orangeの60TX!笑

そして、もう一本はTENSEI CK Pro Orangeの70X。(画像暗くてすいません。)

TENSEI CK Pro Orangeの60TXを試打!


私のヘッドスピードは量販店での計測、SkyTrakの計測を参考にすると、48から50くらいです。これはまさにオーバースペックです。笑
シャフトの硬さをスイング中にモロに感じて、振りに行こうとしてリズムが崩れるのをハッキリと感じます。今の私には到底使えないスペックです。
振りに行くので、体が開いてスライス。それを嫌って無理やり捕まえようとしてチーピン。もう出球がグチャグチャ。
しかし、何球かそこそこ良い当たりが出るとレンタルしたシャフトの中で一番飛距離が出たかも。でもこれはマン振りして偶然の産物。思い出試打です・・・w

TENSEI CK Pro Orangeの70Xを試打!


最初は60Xを希望していたのですが、貸出中だったので70Xをチョイス。確かに60グラム台よりも重量感がありますが・・。
「あ・・・。これは振れないかも・・・。」っと言う様な嫌なフィーリングではないです。
ワッグルすると60TXよりも、ほんのりとしなりを感じます。早速打ってみます。
スパーーーン!っと飛び出した出球は曲がる事なく着弾。しばらく打ってみますが、相当変な打ち方をしない限り出球は安定します。
今使っているドライバーと比べて爆発的に飛距離が伸びる訳でないですが、確実にキャリーは上がっています。これはヘッドの影響もあるかも。
しかし、大きな違いはスイングのリズムが安定してると感じる。エラソーにw
どうしても今使っているドライバーは振りに行くと軽すぎて、前に突っ込んでしまうミスが出ます。これが悩みだったのですが、70Xはそれがほぼ無い。
体の軸が大きくズレる感じもなく、体感的にフィニッシュも綺麗に取れる感じがあります。
これは。。。あるぞ。70X!

ディアマナDFの60Xを試打!


以前のタイトリスト試打会で一番良かったのが、このディアマナDFの60X。さっそく打ってみます。
適度に捕まる感じがあって、飛距離も方向性も良い!すげー振りやすい。しかし、正直TENSEI CK Pro Orangeの70Xが良すぎて・・・。
ごめんディアマナDF。君は悪く無いんだ。悪いのはワシなんだ・・・。すまん。。許してくれ。
分かった事は60グラム台は70グラム台よりも若干速く振れる感じはありますが、そうすると体が前に突っ込んでしまう悪い癖が。
なので、今の私は70グラム台が一番フィーリングが良かったです。さすがに80グラム台は無いかな・・w

TENSEI CK Pro Orange70Xをさらに試打!

ここからはTENSEI CK Pro Orangeの70Xだけに照準を絞って打ちまくり!
ここでM2のカチャカチャも使います。SLDR Sに合わせて10.5のロフト調整スリーブを「HIGHER」にして打つ。(12.5になるけど。)
やはり球はかなり高く上がります。240yd先にかなり高いネットがあるのですが、ちょっと手前で落ちます。SLDR Sでも試しますが結果は同じ。
っと言う事で、極端にやろう!っと思いロフト調整スリーブを「LOWER」にします。(ロフト9になる)捕まえられるのだろうか・・・。
打ってみると、程よい高さで上がり明らかにボールのスピードが違います!がーん!!っとネットの上段に直撃!
しばらく打ってみると、右に曲がってしまう事もありましたが、柵越えもドンドン出てきます。なにより球のスピードが明らかに違う。
ロフトの影響ってこんなにあるのね・・・。M2ヘッド凄いなぁ・・・。

TENSEIのフィーリングにも次第に慣れてきました。なんだろう。このシャフトを使っている時は、ボールを今までよりも長く見ている様な気がします。
多分それは、体が不必要に前に突っ込んでいないから感じるんだと思います。
この重量の影響なのか、体の中心でスイングしている様な感覚もあります。先端がビューン!っとしなる感じ!っと言う訳でもないのですが、ほんのり捕まる感じもあるし、
振りに行っても暴れる感じもない。ああ・・。これだ・・・。このシャフトだ。カッコいいし・・・w

まとめ

っと言う訳で、シャフトはTENSEI CK Pro Orange70Xを導入する事にしました!ヘッドですが、M2にしたい所ですが・・・やっぱM5が気になる・・。
っと言うか、カッコいいよな・・・笑
本当は CK Pro Orange70XとM5のヘッド組み合わせも試打しないと意味ないと思いますが、M5なかなかレンタル出来ないんだよなぁ・・・。
とりあえずヘッドは試打実績のあるM2かM5のどちらかにする事にしました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事